ハムスター

ハムスターの増やし方!繁殖と子ハムスターの飼い方

ハムスターの増やし方
ハムスターの飼い方
ハムスターの飼い方!初心者からはじめる飼育方法ハムスターを初めて飼う!気を付けることは? ハムスター飼育初心者が知っておくべきことは? など、ハムスターが可愛いから飼ってみたいと...

ハムスターの繁殖

繁殖の前に・・・

ハムスターを飼って可愛がっていたら、赤ちゃんハムスターが欲しくなるかもしれませんね。しかしハムスターの繁殖を簡単に考えて増やしてしまうと、後で困ってしまうかもしれないので次の事に注意しましょう。

一度の出産で

ハムスターが一度の出産で産む赤ちゃんは、平均的にドワーフハムスターで4匹、ゴールデンハムスターで8匹。多いときは十数匹産む事もあります。なので、増えても全部面倒を見れるか考えてから増やしましょう。自分で全部面倒見れないなら産む前に面倒を見てくれる人、または飼いたい人を見つけておきましょう。

大人ハムスター

ハムスターは生後約一ヶ月で大人ハムスターの体が出来ます。2ヶ月以上経つと繁殖が可能になります。また歳をとると元気な赤ちゃんが出来にくくなるので、繁殖は1歳半を過ぎたらあまりさせない方が良いでしょう。

違う種族

同じハムスターでも違う種類、つまりドワーフハムスターとゴールデンハムスターの交配や、同じドワーフハムスターでもキャンベルとジャンガリアンの交配もしてはいけません。雑種のハムスターは遺伝的な問題で病気になり易かったり、奇形が産まれる可能性があります。

ハムスターにお見合いさせる

ハムスターにお見合いさせる

ハムスターのお見合い

ハムスターを繁殖させるには先ずオスとメスのペアになる必要があります。普段からオスメス(ドワーフ)のペアで飼育している場合はお見合いは必要ありませんが、一匹で飼育している場合はお見合いが必要になります。

お見合いをしないでいきなりオスメスを一緒にしても仲良くなれずに喧嘩する可能性が大きいです。

お見合いの方法

最初にハムスターが発情出来る環境にあるかが大事です。

発情の条件は

1、産まれて2ヵ月半以上

2、気温が20~22度

3、日照時間が12~14時間

4、栄養がしっかりとれている

この四つが満たされていると繁殖出来ます。飼育されているハムスターは大抵この条件を満たしているので一年中繁殖が出来る事になります。しかし夏や冬は体力が落ちている可能性があるので、春と秋に繁殖するようにしましょう。

そして条件が満たされているオスの入ってるケージと、メスの入っているケージを隣同士に並べて置きます。ケージを置いて3~7日程様子を見ます。メスは4日に一度、12~20時間だけ発情します。この時がお見合い成功の鍵になります。

お互いに興味を示しているようなら、メスをオスのケージに移します。ハムスターはメスの方が気が強いので、立場が弱いオスの方に入れた方がうまく行く場合が多いのです。

移した後も様子を見ましょう。最初は噛み付いたり喧嘩をする事もあり、しばらくすると仲良くなる事もあります。しかし喧嘩ばかりして、仲良くなれる様子では無い時は別々のケージに移します。

仲良くなってオスがメスを追いかけ始めたら静かに見守りましょう。最初は追いかけられてるメスが嫌がる事もありますが、そのうちオスのにおいを嗅ぐと、お尻を突き出して止まるポーズを5~10秒位します。そして交尾が始まります。

交尾は20~60分の間繰り返し行われます。交尾後24時間程でメスの膣栓が形成され、膣がうまく塞がると交尾は成功です。

※太っているハムスターは、発情しにくくなります。甲状腺機能がの低下が原因だといわれています。日頃から太りすぎには気をつけてあげましょう。

出産間近になったら

出産間近になったら

出産の準備

お見合いが成功し交尾が終わったらいよいよ出産の準備に入ります。ハムスターのメスは妊娠すると気が荒くなります。一緒にいるオスを攻撃したりしてしまう事があります。またオスがメスを追いかけてまた交尾しようとしたりする事があるので、出来るだけオスとメスを別々のケージに移しましょう。

ハムスターはメスが一匹で出産と子育てをするので、別々にしても問題ありません。

妊娠すると、交尾から10日位で下腹部が膨らんできます。そして体重も増え歩き方ものろのろとしてきます。この時むやみにお腹を触るのは」やめましょう。流産してしまう事があります。

妊娠中、子育て中には沢山の栄養が必要です。エサにはタンパク質やビタミン、カルシウム等が多いエサを用意しましょう。ヒマワリの種などの種子類、肉、ミルワーム、チーズ、煮干等を毎日与えるのが良いでしょう。また水分も多く必要なので、水や新鮮な野菜を用意しましょう。

ハムスターの妊娠期間はゴールデンハムスターで16日、ドワーフハムスターで18日位です。妊娠が分かったら早めに出産の準備もしておきましょう。ケージは出来れば水槽タイプが良いですね。金網だと赤ちゃんハムスターが脱走したり手足を引っ掛けて怪我の危険があるからです。

出産用の巣箱は出来れば大きめなものにしましょう。家にあるティッシュ箱を少し加工すれば良い巣箱ができます。

出産が近づくとメスは巣作りするので、巣材になる床材など多めに入れてあげましょう。またこの時期は静かな場所で出産出来るようにしてあげましょう。メスが落ち着かないようっでしたら、ケージにダンボールや布を被せて暗めにしてあげましょう。もちろん空気の通り道は忘れないようにしましょう。そして掃除も控えエサと水換え以外はあまり近づかないようにしましょう。

出産はだいたい深夜から早朝の静かな時間帯に行われるようです。特に手伝う事はないので静かに見守りましょう。

ハムスターの子育て

ハムスターの子育て
ハムスター赤ちゃんの育て方は、人間には難しいので親ハムスターに任せます。また出産後はとても神経質になっているのでそっとしておいてあげましょう。産まれたばかりの赤ちゃんハムスターを見てみたいとは思いますが、赤ちゃんには毛も生えていなく、目も見えていません。そして親に温めてもらい面倒を見てもらわないといけない時期です。この時に刺激を与えてしまうと親がストレスでちゃんと育児出来ないかもしれないので、一週間位は遠くから静かに見守りましょう。

時々赤ちゃんハムスターが巣箱から迷い出してしまう事がありますが、普通は親ハムスターが連れ戻してくれます。しかし端っこ過ぎて気が付かない場合は巣箱に戻してあげる必要があります。

戻し方は絶対に手で戻してはいけません。手で持って人間のにおいが付いてしまうと、母親が育児をしなくなる可能性があります。育児放棄された赤ちゃんハムスターは専門的な知識や道具が無いと育てるのが難しいのです。ですので、人間のにおいが付かないようにカップですくったり、割り箸をティッシュ等で巻いてそっと巣箱に戻してあげましょう。

赤ちゃんハムスターは成長がとても早く、約3週間でおっぱいを飲まなくなり、親と同じエサを食べだします。また1ヵ月を過ぎると繁殖能力が備わってきますので、オスとメスを別々のケージに移しましょう。兄弟で交尾してしまうと奇形児が産まれてしまう事があるので避けましょう。

子育て中と後の親ハムスターは体力が消耗しているので、妊娠中と同じように栄養のあるエサを与えるようにしましょう。赤ちゃんハムスターを人にあげる時期は1ヵ月半から2ヵ月位が良いでしょう。

ハムスターの成長

ハムスターの成長

生まれた直後

生まれたてのハムスターは毛が生えていなく赤っぽい色をしています。目も開いていなく、耳も聞こえません。動きはモゾモゾと這いずり回って巣の中で身を寄せ合って体を温めています。食事は母ハムスターの乳(おっぱい)を飲みます。母ハムスターがお尻を舐めてオシッコヤウンチをさせます。

生後2~3日

赤っぽかった肌の色は少しずつ黒ずんで来ます。体毛も頭→背中→脇→お腹の順で生えて来ます。この時期も母ハムスターが一生懸命巣で子守をしています。

生後1週間

1週間位経つとよたよたと歩き始めます。10日程経つと目と耳が開き始め、周りの様子が判る様になって来ます。食事はまだ母ハムスターの乳が中心ですが、早い子ハムスターは柔らかいエサを食べるようになります。

生後2週間

生後2週間あたりから体毛が生えそろいます。またこの頃にはエサを自分で食べるようになります。小さく切ったにんじん、小松菜、チンゲン菜等を与えてみましょう。

生後3週間

この時期になると、ほとんど一人前になって来ます。エサは青菜を中心にした野菜類を与えましょう。3週間を過ぎると、歯も乳歯から永久歯に生え変わります。こうなるとそろそろ巣立ちの時期になります。

ハムスターの育児放棄

ハムスターの育児放棄
ハムスターの母親が産後に死んでしまったり、赤ちゃんハムスターに人間のにおいが付いたりして母ハムスターが子育てをしなくなった場合、赤ちゃんハムスターを育てるのはとても難しい事です。

方法としては、子猫用のミルクを針の無い注射器やスポイトでミルクを飲ませ、保育箱の中で育てます。しかしこれは専門的な知識や道具があって成功する事で、普通の人には大変な事です。

そうならない為にも、日頃から母ハムスターの健康管理とストレスを与えないように気をつけましょう。そして赤ちゃんハムスターに人間のにおいが付かないようにする事を心がけましょう。

ハムスターの遺伝

ハムスターの遺伝
ペットショップには、いろいろな色や柄のハムスターを見ることが出来ますが、野生では殆ど見る事が出来ないそうです。それはハムスターの研究が進み、様々な色や柄のかけ合わせが出来るようになったからです。たとえば、少し黒っぽいハムスターが生まれたら、黒っぽい色のオスとメスをかけ合せると数世代後に黒いハムスターが誕生する確立が高くなるそうです。また色や柄だけでなく、性格も遺伝するようです。

人に慣れ易い人懐っこい性格も遺伝すると言われています。親が人懐っこいと、子ハムスターも人懐っこいかもしれないので、親の性格も考慮して交配するのも良いかもしれません。

時々両親とまったく違った色や柄のハムスターが生まれる事がありますが、これは何世代か前にその遺伝子を持ったハムスターがいたからです。これを「隔世遺伝」と言うのですが、人間にもこういう現象があります。

ハムスターの飼い方
ハムスターの飼い方!初心者からはじめる飼育方法ハムスターを初めて飼う!気を付けることは? ハムスター飼育初心者が知っておくべきことは? など、ハムスターが可愛いから飼ってみたいと...